県北地域

茨城県天心記念五浦美術館
北茨城市

茨城県天心記念五浦美術館

大小の入江に太平洋の波が打ち寄せ、岬に生い茂る松の緑が美しい、五浦。当館は、この太平洋を一望できる美しい岬に建つ美術館です。ここは今から約110年前、明治の巨星岡倉天心が隠棲し、日本美術院研究所をおいて横山大観、下村観山、菱田春草、木村武山が日本画の研さんに励んだ地でもあります。岡倉天心記念室で書簡や遺品などにより天心の業績を常時紹介するほか、主に日本画を中心とする企画展や所蔵品展を開催しています。

高萩市歴史民俗資料館
高萩市

高萩市歴史民俗資料館

市内の遺跡から出土した遺物のほか、民具類など、高萩市の旧石器時代から近世までの資料を展示しています。また、高萩の先人である江戸時代の地理学者長久保赤水や近世の植物学者松村任三らのここでしか見ることのできない手書きの資料をはじめ、大型の地図類や書籍などを紹介しています。

日立市郷土博物館
日立市

日立市郷土博物館

原始・古代から近現代に至る日立地方の歴史、日立鉱山・日立製作所を中心とした近代産業の発展、くらしの変遷や年中行事・まつり(日立風流物)、日立・茨城ゆかりの近現代美術などを紹介しています。
<常設展示>
・1F 日立の歴史(十王台式土器、万年太夫夫婦坐像、助川海防城関連資料など)
・2F 日立の民俗と産業(日立風流物模型、5馬力誘導電動機など)
・美術展示(五島耕畝、樫村白圭、広原長七郎など)
 
ほか、各分野の特別展示や収蔵資料展を開催しています。

日鉱記念館
日立市

日鉱記念館

 日本四大銅山の一つに数えられた「日立鉱山」跡地に、本館・鉱山資料館・旧久原本部(県指定史跡)・竪抗櫓などが建てられており、日立鉱山から現JXグループにいたる歴史的資料・国内外の鉱石岩石・鉱山機械等を展示しています。
 また、工都日立市の発展の様子や、日立市のシンボル大煙突と市内に多数植えられている桜(オオシマザクラ)の歴史などを知ることができます。

日立市かみね動物園
日立市

日立市かみね動物園

約70種500点の動物を展示しています。特に哺乳類の展示が充実し、ゾウ、キリン、サイ、カバなどの大型草食獣からチンパンジーなどの類人猿、レッサーパンダやコツメカワウソなどのかわいい動物までバリエーションも豊富で、エサやり体験、ウサギやモルモットを抱っこすることができます。
また、チンパンジーの森(2008年)、ゾウのグランドリニューアル(2009年)、新サル舎「サルの楽園」(2011年オープン)、新クマ舎(2012年オープン)、新キリン舎(2014年オープン)など、施設もさらに充実し、「ふれあいプラザかみね」(2009年オープン)の動物資料館にあるゾウの骨格標本は迫力満点です。2階テラスのエレファントカフェでは食事をしながらゾウや太平洋を眺めることができ、充実の一日が満喫できます。

常陸太田市郷土資料館
常陸太田市

常陸太田市郷土資料館

昭和11年建築の建物は国の登録文化財で、戦国大名佐竹氏関係の資料をはじめ、考古資料、郷土の美術資料などを中心に展示しています。近くに土蔵造りの分館もあります。

和紙人形美術館 山岡草常設館
大子町

和紙人形美術館 山岡草常設館

「自然が創作の源である」との信念から、大子の山里に一人移り住み、自然を崇拝し、野に遊びながら和紙人形作りに没頭した、山岡草(昭和5年和歌山県生まれ)の作品を展示しています。
600体を超える作品は遺族から大子町に寄贈されたものです。

西ノ内和紙 紙のさと資料館
常陸大宮市

西ノ内和紙 紙のさと資料館

西ノ家和紙に関する原料、用具、製品、世界の手すき紙を展示しています。抄紙技の公開やすき絵の体験ができます。

常陸大宮市歴史民俗資料館
常陸大宮市

常陸大宮市歴史民俗資料館

【大宮館】市内遺跡出土の考古遺物や歴史史料を展示し、近代に至るまでの当市のあゆみを紹介しています。
【山方館】当地域の古くからの特産であるコンニャクや西ノ内和紙など生業や民俗に関する資料を展示しています。

那珂市歴史民俗資料館
那珂市

那珂市歴史民俗資料館

大助祭で実際に使用されていた山車のほか、市内より出土した考古遺物や中世額田城跡の復元模型、近世曲がり屋の1/25のミニチュアなどを展示しています。昔の遊びの体験コーナーも設置しています。
原子力科学館
東海村

原子力科学館

日本で唯一の原子力に関する総合博物館です。「原子ってなぁに?」「放射線ってなぁに?」「核分裂ってなぁに?」といった原子力や放射線についての基礎的な事柄を紹介しています。宇宙と原子の世界を大型CG映像で描くアトミック・パノラマ・スコープ、自然放射線の飛跡を見ることができる世界最大級の霧箱、めくって楽しむ実物周期表、身の回りの自然放射線を図るコーナーなどの展示物があります。

北茨城市歴史民俗資料館 野口雨情記念館
北茨城市

北茨城市歴史民俗資料館 野口雨情記念館

ロータリー中央にある野口雨情像に歩み寄ると代表作「シャボン玉」のメロディーとともに無数のシャボン玉が吹き出て、ご来館の皆様を温かく迎えてくれます。
館内に入ると、1階では、北茨城市に生まれ明治、大正、昭和の3時代にわたって詩、童謡・童話、新民謡の分野で大きな業績を残し、北原白秋、西条八十と並んで日本三大童謡詩人のひとりと称された野口雨情の初出原稿や直筆の色紙、書簡、遺品などを、2階では、北茨城市の基幹産業であった炭鉱関係資料や農林漁業関係資料などを見学することができます。
また、1階ミニショップでは、童謡CDや「赤い靴」をモチーフにした各種グッズをご購入いただけます。