県南地域

産業技術総合研究所 <br>地質標本館
つくば市

産業技術総合研究所
地質標本館

地質標本館は、地球科学専門の博物館です。 「地球の歴史となりたち」「地球と人間の関わり合い」を理解していただくために、研究活動で得られた成果を最新の地球科学情報とともに日本の地質、地下資源、海洋の地質、地球環境、火山と地熱、地震と活断層などのテーマごとにまとめて展示しています。その他、岩石・鉱物・化石などの標本も多数展示しています。
龍ケ崎市歴史民俗資料館
龍ケ崎市

龍ケ崎市歴史民俗資料館

県指定無形民俗文化財の伝統行事「撞舞」を1/4の模型と映像で紹介しています。県指定文化財の丸木舟、実物大で再現した竪穴式住居などの考古資料から昭和の暮らしの道具、軽自動車まで幅広く展示しています。農家のまで屋、たばこ屋、水車小屋が建ち並ぶ屋外は、龍ケ崎線を走ったSLもあり、国指定重要文化財の多宝塔が隣接する環境にあります。体験学習は、機織りや草木染めが女性に人気で、わら草履、注連飾り教室など季節に合わせて実施し、古文書講座は2コースを設定しています。企画・収蔵品展と絵画展を年3回ほど開催しています。

利根町立歴史民俗資料館
利根町

利根町立歴史民俗資料館

常設展は考古資料、利根町の歴史、赤松宗旦、柳田國男、地固め唄コーナー、消防関係を展示しています。

阿見町予科練平和記念館
阿見町

阿見町予科練平和記念館

阿見町は、太平洋戦争時に予科練(海軍飛行予科練習生)教育・訓練の中心地でした。予科練平和記念館は、予科練に志願した昭和の少年たちの青春群像を通して、戦時の記憶を後世に伝え、命の尊さと平和への認識を深める記念館です。館内は予科練の制服である「七つボタン」をモチーフに、入隊~特攻まで七つの展示テーマに沿って展開されています。

つくば市谷田部郷土資料館
つくば市

つくば市谷田部郷土資料館

 郷土の文化財,遺物,古文書の歴史資料を展示しています。谷田部を代表する江戸時代の科学者飯塚伊賀七や谷田部藩細川氏の展示史料は出色です。写真は,伊賀七作「和時計」の復元模型です。

つくばみらい市立間宮林蔵記念館
つくばみらい市

つくばみらい市立間宮林蔵記念館

世界地図に名を残す測量・探検家「間宮林蔵」の記念館。つくばみらい市で生まれ育ち、北方で活躍した林蔵の偉業を紹介しています。カラフト島図などの地図類を中心に全国から収集した史料・遺品を分りやすく展示しています。敷地内に茅葺き屋根の生家を保存し、公開しています。

茨城県つくば美術館
つくば市

茨城県つくば美術館

茨城県つくば美術館(茨城県近代美術館つくば分館)では、
<貸しギャラリー>事業を行っています。個展やグループ展
など、さまざまな美術活動の発表の場としてご利用ください。

土浦市立博物館
土浦市

土浦市立博物館

平成19年7月に展示改装オープンしました。1階の「大名土屋家の文化」コーナーでは、土屋家旧蔵の刀剣・茶道具を、2階の総合テーマ「霞ヶ浦に育まれた人々のくらし」として、より詳しく土浦の歴史と文化を紹介しています。春(4~6月)・夏(7~9月)・秋(10~12月)・冬(1~3月)の季節ごとに展示替えしています。
また、隣接する亀城公園内に復元された土浦城東櫓も附属展示館として公開しています。

国土地理院 地図と測量の科学館
つくば市

国土地理院 地図と測量の科学館

地図や測量に関する歴史、原理や仕組み、新しい技術などを総合適に展示する施設。館内ラウンジには、専用の赤青メガネで見ると立体的に浮き上がって見える日本列島が広がっています。古地図や現存する世界最古の地球儀などの展示、楽しみながら地理や地図が学べるパソコンコーナーもあります。特別展示室では、「地図と測量」に関するさまざまな企画展を随時開催しています。館外の地球ひろばには、地球の丸さを実感できる直径22mの日本列島球体模型があります。
取手市埋蔵文化財センター
取手市

取手市埋蔵文化財センター

 旧石器時代から中世、そして水戸街道の宿場として栄えた近世の宿場跡に至るまで、取手市には約90か所の遺跡が確認されています。取手市埋蔵文化財センターでは、市内の遺跡を発掘調査することで得られた貴重な資料を調査・保存しています。
 また、センターで調査・保存している考古資料とともに、取手市で収集・保管している郷土資料も合わせて、年に2回郷土史をテーマに企画展を開催しています。企画展開催期間中は、歴史講演会や郷土史講座などのイベントも開催しています。(企画展の時期やテーマは、直接お問い合わせください。)

かすみがうら市歴史博物館
かすみがうら市

かすみがうら市歴史博物館

三層の天守閣をイメージした歴史博物館です。1階は帆引き船、2階は椎名家と昔のくらし、3階は郷土のあゆみ、の展示をしています。4階は展望台になっています。

つくばエキスポセンタ-
つくば市

つくばエキスポセンタ-

つくばエキスポセンターは、1985 年に筑波研究学園都市で開催された「科学万博-つくば’85」の恒久記念施設です。展示場には、宇宙、海洋、ナノテクノロジーなど科学技術の幅広い分野についての体験型展示があるほか、科学万博当時の様子を今に伝えるメモリアルゾーンもあります。世界最大級のプラネタリウムで、季節ごとの満天の星や迫力の全天周映像をお楽しみいただけます。
また、2017年1月、プラネタリウムは点検を終え、一段と明るくなり、星空がより見やすくなりました。2月には3Dシアターがリニューアルオープン!
「ほし☆カフェ」もオープン!地元つくばの食材を使ったお料理やスイーツをお楽しみいただけます。

上高津貝塚ふるさと歴史の広場
土浦市

上高津貝塚ふるさと歴史の広場

関東地方有数の大規模貝塚と考古資料館からなる面積約5万㎡の史跡博物館です。自然に囲まれた貝塚広場には、貝塚の成り立ちがわかる断面展示施設や、復元された竪穴住居などを整備しています。 考古資料館では、上高津貝塚を中心に縄文時代の生活・文化を紹介するほか、武者塚古墳などの市内遺跡出土資料を展示しています。