美術館

茨城県天心記念五浦美術館
北茨城市

茨城県天心記念五浦美術館

大小の入江に太平洋の波が打ち寄せ、岬に生い茂る松の緑が美しい、五浦。当館は、この太平洋を一望できる美しい岬に建つ美術館です。ここは今から約110年前、明治の巨星岡倉天心が隠棲し、日本美術院研究所をおいて横山大観、下村観山、菱田春草、木村武山が日本画の研さんに励んだ地でもあります。岡倉天心記念室で書簡や遺品などにより天心の業績を常時紹介するほか、主に日本画を中心とする企画展や所蔵品展を開催しています。
和紙人形美術館 山岡草常設館
大子町

和紙人形美術館 山岡草常設館

「自然が創作の源である」との信念から、大子の山里に一人移り住み、自然を崇拝し、野に遊びながら和紙人形作りに没頭した、山岡草(昭和5年和歌山県生まれ)の作品を展示しています。
600体を超える作品は遺族から大子町に寄贈されたものです。

大洗美術館
大洗町

大洗美術館

「自然美『大洗の海景』300号の風景窓画」
渋沢秀雄の描いた明治期のときわ路の水彩画を常設しています。
文房四宝、伝統工芸品、版画展、写真展を開催しています。

水戸芸術館現代美術センタ-
水戸市

水戸芸術館現代美術センタ-

国内外の現代美術の大規模展に加え、デザイン、建築、マンガまで、毎回ユニークな展覧会を、1年に約4回独自に企画・実施しています。
ギャラリーにあわせてアーティストが作品を新たに制作、設置するサイト・スペシフィックな展示を特徴としています。
また、若手作家の個展シリーズ『クリテリオム』も行い、ワークショップやボランティア活動など多様な教育普及活動にも力をいれています。

笠間日動美術館
笠間市

笠間日動美術館

印象派からエコール・ド・パリまでのフランスの巨匠たちの名品を展示しています。世界的にも珍しいパレットコレクションや日本近・現代洋画や美しい野外彫刻庭園があります。
また、分館として 「春風萬里荘」 (北大路魯山人の旧居)がございます。 TEL:0296-72-0958

笠間稲荷美術館
笠間市

笠間稲荷美術館

信楽・瀬戸・備前・常滑・越前など中世の六古窯を中心に縄文・弥生式土器や須恵器、地元笠間焼を常設展示しています。毎年秋には特別展を開催しています。

田中嘉三記念館
笠間市

田中嘉三記念館

田中嘉三の14歳から58歳までの画業の足跡を展示しています。
日本美術院展の出品画・入選画及び模写・スケッチ・愛読書・筆・絵の具皿等が見ることができます。

ひょうたん美術館
小美玉市

ひょうたん美術館

時代ひょうたん5,000個、刀剣・武具、書画、陶器、根付等を展示しています。

月山寺美術館
桜川市

月山寺美術館

国・県指定の重要文化財、仏画、仏像、工芸品、古文書等の寺宝、また、木村武山、旧岩瀬町出身の榎戸庄衛画伯等の美術80点を展示しています。

岩瀬石彫展覧館
桜川市

岩瀬石彫展覧館

屋外には主に地元産の御影石の彫刻が並びます。その中でひときわ目立つのがブルガリア国を代表する作家の作品の数々です。
彫刻講座も小・中・高校生を対象に、また一般の方々を対象にして長年続けております。県内初めてアーチストインレジデンスを開催し、
今までに7人の作家とその家族を招く事ができました。多くの方々の真心に支えられて活動しています。
石産地にありますので、石材業を営む人々との交流を通し、地域に密着した文化活動をこれからも続けます。
石という素材の魅力を活かし、その自然の力のもつ豊かさから創造力を育み、平和へと貢献していきたいと努力しています。

茨城県陶芸美術館
笠間市

茨城県陶芸美術館

茨城県陶芸美術館は東日本初の陶芸専門の美術館です。茨城県出身の板谷波山をはじめ日本の近現代陶芸界に置いて優れた業績を残した文化勲章受章者や人間国宝の作品などを展示するほか、国内外の優れた作品を展示する企画展を年4回実施しています。

しもだて美術館
筑西市

しもだて美術館

筑西市が誇る二人の文化勲章受章者、陶芸家 板谷波山、油彩画家 森田茂の作品を始めとして、書家 浅香鉄心、重要無形文化財保持者の漆芸家 大西勲など、郷土ゆかりのある作家の作品を所蔵・展示しているほか、多彩な企画展を開催しています。

常陽藝文センタ-
水戸市

常陽藝文センタ-

藝文ギャラリーでは茨城県ゆかりの芸術家の作品世界を紹介する「郷土作家展シリーズ」を年6企画開催しています。
またロビーでは展示作家の制作風景や芸術観などを収録した映像を会期中放映しています。
併設の藝文プラザは1週間単位で貸し出しする展示スペースで、絵画展や写真展などグループ、個人の発表の場として広く利用されています。

坂東郷土館ミューズ(坂東市立資料館)
坂東市

坂東郷土館ミューズ(坂東市立資料館)

郷土の歴史と文化、特産さしま茶等を紹介しています。また、五姓田芳柳(二世)など郷土ゆかりの作家の美術作品を随時公開しています。美術や歴史・民俗関連の企画展や天体観望等のイベントを開催しています。図書館を併設し、天体観測ドーム、視聴覚ホールもあります。
水戸市立博物館
水戸市

水戸市立博物館

自然・歴史・民俗・美術の4部門で構成されています。水戸にちなんだテーマの常設展のほかに、年3回程度の特別展も開催。

茨城県近代美術館
水戸市

茨城県近代美術館

企画展では国内外の優れた美術作品を,所蔵作品展では3,900点を超える近代美術作品の中から,横山大観など茨城県ゆかりの作家を中心に紹介しています。また,美術館南側には,水戸市出身の洋画家である中村彝(つね)のアトリエを新築復元し,彝の遺品や資料を公開展示しています。
室内1階のアートフォーラムコーナーでは楽しみながら美術作品を鑑賞できる映像コーナー・パソコンコーナーやパネル等により,作家や技法,美術の流れを紹介するコーナーもあります。美術への親しみや関心をより一層深めてもらうために,企画展ごとの講演・講座やギャラリートーク,ワークショップ,ミュージアムコンサートなど,様々な美術普及事業を実施しています。

茨城県つくば美術館
つくば市

茨城県つくば美術館

茨城県つくば美術館(茨城県近代美術館つくば分館)では、
<貸しギャラリー>事業を行っています。個展やグループ展
など、さまざまな美術活動の発表の場としてご利用ください。